MENU

教育ローンを有効活用して学費のやりくりを計画しよう

進学のための教育ローン

校受験生や大学受験生がいる家庭では、進学のための学費が問題になります。

 

入学金や授業料など学校納付金はもちろん、一人暮らしのためのアパートやマンション、下宿、寮などの生活費も必要になってきます。

 

さらに言えば、遠方の学校を受験する場合、交通費や人件費、宿泊費も必要ですよね。これらの費用はそれなりにまとまった金額となってきます。

 

例えば、国公立の大学の場合だと初年度は200万円、2年目から175万円が必要だと言われています。私立の場合だと初年度は250万円〜300万円、2年目から200万円〜250万円が必要だとも言われています。

 

奨学金に頼る?

 

奨学金を利用する?

これだけまとまったお金を用意するのは事前の準備がなければかなり厳しいと言わざるを得ません。この費用を工面できないために勉強したい意欲があるのに進学を諦める家庭もたくさんあります

 

そこで多くの方は奨学金を利用しています。実際に大学生の半数近くは奨学金を活用していると言われています。ただし、奨学金を受けるためには成績が優秀でなくてはならず、そのほかにも様々な条件をクリアしなくてはなりません。

 

また、申込み者が学生本人になってしまうため、保護者としてはあまり子供に負担を掛けたくない、という意見も少なくありません。

 

\教育ローンを考えているなら/

↓↓おすすめ教育ローンランキングはこちらから↓↓

おすすめの教育ローンをランキングで確認!

教育ローンを考えてみよう!

教育ローンの利用を考えよう

学金の次に活用されているのが教育ローンです。教育ローンは大まかに分けて2種類あります。

 

公的な国の教育ローン、そして銀行や信金などが提供している民間の教育ローンが挙げられます。

 

国の教育ローンは金利が低めに設定されているので利用できれば良いのですが、審査の内容が厳しいこと、そして借入限度額が比較的少なめに設定されているので、使い勝手が良いとは言いがたい部分もあります。

 

審査が通るまでの機関を民間のカードローンで乗り切る!

民間のカードローンで審査が通るまで繋ぐ

一方、民間の教育ローンの場合は、金利は1%後半台から7%前後と国の教育ローンと比べると高く感じられることもありますが、審査内容や利用目的などが柔軟で、借入限度額も多い所だと500万円〜1000万円と高めに設定されています。

 

とはいえ、民間の金融機関が提供している教育ローンも借りる際に保証人や連帯保証人が必要だったり、審査基準が厳しく振込まれるまで時間がかかる傾向があります。

 

ですから急いでいる方は、その場しのぎの一時的な『つなぎ』として、民間のカードローンを利用する人が増加しているんです。

 

民間のカードローンについて説明をします。

民間のカードローンとは?

カードローンとは、どのようなものなのかを説明をします。カードローンは銀行が提供していて、自由に利用可能なお金を借りることができるサービスです。

 

近頃では大きな銀行が提供をしているサービスがテレビのCMにより有名になっています。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、そしてオリックス銀行の提供しているローンが有名になってきています。

 

これらのローンは借金をするときのように、保証人や収入証明を提出する必要がありません。担保を用意することも必要なくお金を借りることが出来ます。

 

カードローンは審査が短く即日入金!

カードローンは審査に時間がかからない

審査の申し込みをする時には殆ど時間がかかりません。なんと30分程度で審査が完了します。そして、その日のうちにお金が入金されます。このような素早い対応によりカードローンは人気になりました。

 

借りることが出来るお金の最大値は1000万円に至る場合もあります。金額から分かるように幅広い対応をしています。

教育ローンを比較する際には審査と融資の早さを見よう!

カードローンでやりくり

金繰りをする時にはまず、カードローンでお金を借ります。教育ローンの審査には時間がかかります

 

ですから、その期間をカードローンを利用してお金を用意して耐えます。そうして居るうちに教育ローンの審査は完了してお金が振り込まれます。

 

そうしてからカードローンで借りたお金を返済していく事が可能です。このような方法で資金を利用していくことが出来ます。

 

カードローンを上手に利用して学費に困らない生活を!

 

カードローンを学費に利用しよう

大学や専門学校に通うためには多くのお金が必要です。しかし、お金が一時的に足りないということが原因で、通学を諦めなければならなくなってしまう事があります。カードローンと奨学金はお金を借りるという点に対しては同じです。

 

そのため、これらを上手く利用すれば、学校に通えるのです。お金を借りて学校に通う場合には確実に学習をして知識を身につける必要があります。そして将来、仕事をしていく能力を手に入れる事ができます。

 

これから、お金を借りることが出来る奨学金やローンについて深いところまで掘り下げます。教育に関してお金を借りることが出来るサービスは4種類あります。それは奨学金、国が提供している教育ローン、そして民間が提供している教育ローンとカードローンの4つです。

 

奨学金や教育ローン、そしてカードローンの利点と不利な点を比較します。

(ここに表を挿入します)

 

オススメの民間カードローンのランキング、BEST3を紹介します。

今回私がオススメする民間カードローンはみずほ銀行、オリックス銀行、そしてプロミスのカードローンです。
(ここに表を挿入します)

 

これら以外にもオススメのカードローンはあります。それは以下に表示しています。

(ここに表を挿入します)

子供を教育するための費用はどのくらいかかる?

子育て

育てをするためにかかるお金は多いものです。実際にどのくらいのお金がかかるのかを生命保険会社がまとめています。

 

大学に通う学生を対象としており、自宅から通っていることを想定して計算しています。それらの情報は下記にまとめてあります。

 

幼稚園からスタートをして国公立大学に進学をするならばその費用の合計の金額は約828万円という情報が有ります。国公立大学に進学をするのではなく、幼少期から私立の学校で過ごしていた場合には、さらに多くのお金が必要になります。

 

教育費にはマイホーム購入と同じくらいの費用がかかる!

教育費は自宅購入よりお金がかかる?

幼稚園から高校を経て私立文系大学に進学をするとしたら、その費用は約2162万円になるという情報があります。私立の医学部に進学をするならば合計で3353万円のお金がかかってしまうという情報があります。

 

人生において一番お金がかかるのは自宅を購入するときであります。しかし教育費は合計の金額としてみると、マイホーム購入と同じくらいのお金がかかるのです。

 

これらは子供一人あたりに必要となるお金です。もし子供の人数が2人になれば単純計算では費用は2倍になります。3人ならば3倍といえます。

 

大学に自宅から通うのではなく、子供が一人暮らしをした時に部屋を借りて生活する場合は、大学生活にかかる費用は300万円ほど上乗せされます。

 

(ここに表を挿入します)

 

教育ローンについて詳細を説明!

大学まで教育費をローンでやりくり

新しく家を購入する時には多くのお金が必要になります。そうなので住宅ローンを組んで資金をやりくりしていくことになります。教育の費用もこれに似ています。大学を卒業するまでには多くのお金がかかりますからローンを組んでそれを使って大学に通う場合があります。

 

ローンを組む時には目的を持って組むものと、特定の分野にお金を使うという制約がないローンの2種類があります。このどちらでもお金を借りられますが、実際に教育費としてローンを組む場合にはどちらかを選ぶ必要があります。

 

ローンの種類

目的ローンと制約がないローンの違いとは?

特定の分野に使用するための目的ローンは銀行に定められた事にしかお金を遣うことは出来ないものです。逆に制約がないローンは自由にお金を使う事ができます。

 

しかし、目的ローンの方が金利は安い場合が多いのです。ですから結果的に利息を少なくすることが出来ます。

 

逆に、ローンをして借りたお金の使用方法が限定されないようなプランの場合は、申し込みから融資をしてもらうまでにかかる時間が短いものが多く、審査を通過しやすいのです。

教育ローン事情について教えて!

教育ローンのバリエーション

育ローンとは、借入金の使用用途を“教育”に限定したローンのこと。 様々な金融機関から提供されています。では早速、教育ローンのバリエーションを見ていきましょう。

 

4つの教育ローンのバリエーション

 

大手銀行

「東京三菱UFJ」や「みずほ銀行」をはじめとする大手銀行の教育ローンには、大手ならではの安定感と安心感、さらには全国どこででも利用できる(地域的制約が少ない)というメリットがあります。

 

地方銀行/第二地方銀行

地域密着型の銀行でも、教育ローンは提供されています。利用状況に応じて金利などが優遇される場合があるため、日頃よく利用している銀行で教育ローンを組むというのも1つの手です。

 

インターネット銀行

ネット銀行におけるローンの特徴は低金利であること(実店舗を持たないことで経費の削減ができるため)。教育ローンにおいてもその特徴は活かされています。また、どこに住んでいても気軽に利用できる点もメリットの1つ。

 

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

世帯年収が、設定されている範囲内である場合にのみ利用が可能(高所得者は利用不可能)。固定金利・長期返済プランが魅力です。

 

また近年は(「習い事は教育ローンの対象外」とする金融機関も多いことなどから)、“フリーローンやキャッシングなどでの借入資金を教育費にあてる”という方も増えてきているようです。

銀行の教育ローンとそれ以外の機関の教育ローンについて

銀行の教育ローン

育ローンは、様々な機関から提供されているサービスです。なかでも最もメジャーなのは、やはり銀行の教育ローン。

 

銀行が提供するものは、(国の教育ローンと異なり年収に上限がないなど)審査に通りやすく使い勝手が良い、という特徴があります。

 

銀行教育ローンをチェック

 

銀行の教育ローンの特徴とは?

では、銀行の教育ローンについてもう少し詳しく見ていきましょう。銀行教育ローンのサービス内容は、各銀行によって異なるため一概に「こうだ」と言うことはできません。

 

ただ、おおよそ、融資額は300〜700万円(学部によっては1000万円といった大口融資が受けられる場合もあります)。返済期間については、8〜15年程というゆとりある返済プランを組むことが可能になっており、金利については「変動」と「固定」のどちらかを選択できるようになっているというのが基本です。

 

なお、すでに同じ銀行で「住宅ローン」や「自動車ローン」を組んでいる場合や、給与振込み口座に設定して日頃からよく利用している場合には、教育ローンを組む際に“金利を優遇”してもらえることがあります。

 

銀行以外でも教育ローンは受けられる

国の教育ローン

銀行のほか、信用金庫・労働金庫、さらには日本政策金融公庫でも教育ローンは提供されています。 なお、この日本政策金融公庫が提供する教育ローンは、通称「国の教育ローン」と呼ばれるもの。

 

扶養している子供の数に応じて世帯年収に上限が設けられており、所得がその範囲内である場合にのみ利用が可能です(母子家庭・交通遺児家庭の場合には、保証金の減額措置も受けられます)。

教育ローンの融資を手にするまでの時間は?

育ローンに申込を済ませたあとは、すぐに融資を手に出来るのでしょうか?

 

融資を手にするまでにかかる日数は?

融資までの日数は?

もっとも一般的な、銀行の教育ローンを利用する場合からみていきましょう。

 

この場合、申込・審査を経て(審査に通った場合に限り)融資を受けられるようになります。審査結果については、その日のうちに分かることもありますが、2〜3日程かかるのが普通

 

そのあと、郵送されてくる契約書類を確認・返送して、はじめて借入できるようになります。
そのため、申込から実際に融資を手にするまでには、およそ1〜2週間かかります。また「国の教育ローン」の方も同様に、融資を手にするまでには1〜2週間が必要です。

 

すぐに融資が必要な時は?

融資までの時間を待てない

銀行などで教育ローンを組む場合は、融資を手にするまでに1〜2週間かかるのが普通。ただ、「そんなに長く待っていられない」という場合もあるでしょう。

 

そうしたときには、カードローンやキャッシングを利用するというのが1つの手です。早ければ申込をしたその日のうちに融資を手にできるこうしたサービスを利用すれば、急なケースにも対応できます。

 

ただ、カードローンなどのサービスは、教育ローンのように金利が低く設定されていたり、ゆとりのある返済プランが組めたりするわけではないため注意が必要。慎重かつ計画的に利用するようにしてください。

おすすめの教育ローンをランキングで確認!


おすすめの教育ローンランキング


 

みずほ銀行

みずほ銀行の特徴
  • 最大300万円・最長10年まで利用可能!
  • 学費以外にも、教育関連資金全般で利用可能!
  • 借り入れから最長5年間「就学期間中(最長4年)+卒業後1年」の元金返済据置が可能!

みずほ銀行の教育ローンのお申込みはこちら


 

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴
  • 教育資金以外にも様々な用途で使用可能!
  • 利用限度額は最高800万円!
  • 年利3.0%〜17.8%は業界最低水準!

オリックス銀行の教育ローンのお申込みはこちら


 

プロミス

プロミスの特徴
  • 担保も保証人も不要のフリーキャッシングだから使用用途が幅広い!
  • パソコン・ケータイ・スマートフォンから24時間いつでも申し込める!
  • 主婦、学生、パート、アルバイトでも安定した収入があれば借りられる!

プロミスの教育ローンのお申込みはこちら