MENU

教育ローンの使用範囲は受験費用・在学のための住居費用など幅広く対応

育ローンは入学金や授業料だけしか使える範囲がない、と思われがちですが、実は思っているよりも幅広く活用することができます。そこでここでは、一般的な教育ローンも使える範囲について紹介していきます。

 

学校納付金

学校納付金は「入学金」「授業料」「施設設備費」といったものが含まれています。イメージとしては入学時にかかる費用や、年度初めにかかる費用だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。多くの方は教育ローンは学校納付金にしか利用することができない、と勘違いしていますが、これら以外にも様々な使い道があります。

 

受験費用

受験費用に

教育ローンは受験費用も使える範囲として設定されています。

 

受験料をはじめ、受験のための交通費や宿泊費なども該当するので、遠方に受験しに行った際に必要となった費用は教育ローンで支払うことができる、と考えて大丈夫です。

 

在学中の住居費用

親元を離れて学校に通わなくてはならない場合、住居費用が必要となります。アパートやマンション、寮、下宿などがこれにあたります。敷金や礼金、家賃など在学のための住居費用なら全般的に教育ローンから支払いが可能です。

 

教材費

学校では教科書を始め様々な教材費が必要となってきます。専門学校になると自分でパソコンを購入しなくてはならない場合も。これも教材費のひとつとして教育ローンで支払うことが可能です。

 

その他の費用

これらの他にも、月々の通学費用や、修学旅行の費用、学生の国民年金保険料なども教育ローンから支払えます。国の教育ローンの場合はこれらが使える範囲として設定されています。

 

しかし、民間の教育ローン、例えば信販会社や銀行などの場合は使える範囲がさらに幅広く設定されているので、目的にあった教育ローンを探してみましょう。


おすすめの教育ローンランキング


 

みずほ銀行

みずほ銀行の特徴
  • 最大300万円・最長10年まで利用可能!
  • 学費以外にも、教育関連資金全般で利用可能!
  • 借り入れから最長5年間「就学期間中(最長4年)+卒業後1年」の元金返済据置が可能!

みずほ銀行の教育ローンのお申込みはこちら


 

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴
  • 教育資金以外にも様々な用途で使用可能!
  • 利用限度額は最高800万円!
  • 年利3.0%〜17.8%は業界最低水準!

オリックス銀行の教育ローンのお申込みはこちら


 

プロミス

プロミスの特徴
  • 担保も保証人も不要のフリーキャッシングだから使用用途が幅広い!
  • パソコン・ケータイ・スマートフォンから24時間いつでも申し込める!
  • 主婦、学生、パート、アルバイトでも安定した収入があれば借りられる!

プロミスの教育ローンのお申込みはこちら